薬の名前はどうやって決まるのか

現在たくさんの薬が販売されていますが、これらの薬にはすべて名前があります。
そのなかには含まれている成分がそのまま名前になっているものもありますが、全く別の名前になっているものもあります。
このような薬の名前はどのようにして決められているのでしょうか。
医薬品の一般名に関しては、商品名とは異なり誰もが自由に使用できる、世界共通の名称である必要があります。
したがって決め方としては、WHOを中心とした国際的な協力体制の元に、一般名の命名基準や手続きが定められています。
このような方法で薬の名前が決められているのです。
この規則に沿って定められた名称を国際的一般名称と呼んでいます。
この国際的一般名称では、科学的または薬理学的に関連する物資には共通のステムを使用することになっています。
各国の一般名称に関しても、原則的には国際的一般名称と同じとなっています。
しかしそのなかでそれぞれの国ですでに商品名として使われていたり言語的には使うことができないものに関しては、国際一般名称の考え方とは異なっているところもあります。
したがって日本とアメリカでは同じ成分や効用でも名称が異なっているという薬もいくつかあるのです。