ノルバスクの作用と動脈硬化予防の因果関係

現代においては多くの疾患が人々を悩ませるようになっており、その複数を併発してしまうということも珍しいことではありません。高血圧のように多くの人が罹患してしまうことが問題視されているものの場合には特にそれが顕著になります。高血圧は脳や心臓、血管、腎臓等を中心とした様々な疾患のリスクファクターともなることからいくつもの疾患の合併に苦しむことになってしまう人も少なくありません。
そのため、高血圧担ってしまった場合にはできる限り合併症のリスクを下げるために降圧剤を用いて血圧の制御を行います。降圧剤の研究の歴史は古いことからその作用と血圧低下との因果関係がはっきりしているものの、作用のうちで因果関係がはっきりとしていないものも多数あります。しかし、医学研究や臨床研究の進展によって徐々にりかいされるようになってきているものもあります。
ノルバスクは降圧剤として最も広く使用されているものの一つであり、安全性の高さや副作用の少なさが注目されてきたものです。ノルバスクはカルシウム拮抗剤に分類される降圧剤であり、血管拡張作用によって血圧を低下させるということが知られています。ノルバスクが利用される大きな利点として動脈硬化を防ぐことに関して効果が高いということが知られるようになった面も大きいものです。その因果関係は明確ではありませんでしたが、ノルバスクがコラーゲン不足を生み出すことによるもの得あることが判明しました。カルシウム拮抗薬は身体の中でコラーゲンの合成を抑制することでコラーゲン不足を引き起こし、それが血管壁が硬化してしまうのを防ぐことにつながるとわかってきています。コラーゲン不足をもたらすことができるということがはっきりしたことによる成果であり、根拠をもって動脈硬化予防にノルバスクが使えるようになったのです。