ノルバスクで血圧管理と血管の柔軟性とコラーゲン不足

多くの人が生活習慣の影響を受けて高血圧となったり、高血圧に足を踏み入れそうな状況になったりしている世の中となっています。病院を受診していない人も含めると日本人の4割程度が高血圧に該当していると推定されており、生活習慣の乱れが続いていけばこの数はさらに増えていってしまうと予想されています。そのため、予防のための啓蒙活動が行われると共に、高血圧治療ガイドラインが策定されて効果的な治療がどの病院でも行われるように治療方針の統一がなされてきています。
ノルバスクは日常の血圧管理に用いられる降圧剤です。ノルバスクは持続性と効果の高さからカルシウム拮抗薬においては血圧管理に最良の選択肢と言われています。そのため、特に狭心症をもつ患者には第一選択となってノルバスクは広く用いられてきています。高血圧治療ガイドラインではノルバスクのようなカルシウム拮抗薬は薬物治療の第一選択薬の一つとして位置づけられていますが、リスクが低い患者については降圧剤の使用に先立って生活習慣の指導を実施するよう指示されています。
因果関係がある程度理解されている減塩の推進やカリウムを多く含む野菜の摂取が推奨される一方で、動脈硬化の予防を目的として不飽和脂肪酸やDHAの摂取も勧められています。動脈硬化の予防は高血圧治療においては重要な観点であり、血管の柔軟性を保つための栄養摂取が民間でも様々に研究がされています。コラーゲン不足が血管の柔軟性に影響を与えることは血管の構造から見ると因果関係が明らかです。しかし、コラーゲンが吸収される際には分解を受けてしまうため、食事によるコラーゲン不足の解消は疑問視されてきました。しかし、コラーゲンを構成するアミノ酸を十分にとって運動によりその代謝が促されるという因果関係がわかり、コラーゲン不足の解消に効果的であることが判明してきています。